スキャンの進化

紙というものは、文化形成になくてはならないものです。様々な情報を残すことができ、人間の歴史とともに歩んできた一面も持っています。しかし、紙には耐久性の限界があり、寿命が存在します。風化したりすり切れたりしてしまえば、いつかは手に取ることさえできなくなるのです。そこで、データ化する技術が進んでいきました。それが、イメージスキャナの技術なのです。

データ化することで、半永久的に保存することができ、いつでも印刷という形以外でも取り出すことが可能です。画面に映し出すのもその一つで、データとすることで可能となった方法であるといえるでしょう。データであれば、インターネットを使いどこにでも送ることもできます。紙という質量のある媒体とは違いますので、距離を気にすることなく渡すことができ、その場で印刷すればどこでも共有情報として手に取ることができるのです。

このスキャン技術は、年々進化しているもので、走査能力がどんどん進歩してきています。それだけデータとして精密化されてきており、出力媒体の性能次第では高い再現性が期待できるのです。

あまりに精巧になってきているため、どんな場面で使うのかということも考えるようになりました。3Dプリンターの登場で用途はさらに広がり、どんな形でスキャンするのかにより、再現性はさらに高まってきているのです。 ハイブリッドプリンターに装備され、家庭でも簡単に利用できるようになりました。その使い道を考えておくと、さらに便利なものとなってくれるでしょう。

Copyright © 2014 スキャンを必要とする場面 All Rights Reserved.